FC2ブログ

朽木洞図書館

~産業遺産・郷土史等~

大江鉱山

小樽の南に仁木町というところがあり、この辺り一体は金属鉱山が多くあります。
大江鉱山もその一つです。
採掘現場の前にはゲートがあります。
ゲートを越えて歩いていくと、右手にホッパーの跡が見えてきます。
コンクリート製のものもあれば、レンが造りのものもあります。

DSCN0169.jpg


DSCN0174.jpg


沈殿槽も工場建物も現在では全て取り壊されてしまいましたが、坑道入り口は今でも残されています。

DSCN0172.jpg


あたりは硫黄臭がひどいです。
足元の石を拾ってみると、水晶の結晶や、ロードクロサイト(菱マンガン鉱)が落ちています。
大江鉱山は元々金を採掘していたそうですが、主に採掘されいてのはマンガンです。
ロードクロサイト(通称インカローズ)はマンガン採掘の副産物として発掘されましたが、その宝石としての価値を認められるのは閉山近くで、良質のものであれば赤色透明な結晶が採れ、地元では「積丹ルビー」として重宝されたそうです。

~大江鉱山~
明治19年 然別鉱山としてスタート
明治23年 金の採掘を始める
明治30年 マンガンの採掘を始める
昭和59年 閉山


スポンサーサイト




鉱山関連施設 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<松尾鉱山・青空団地 | ホーム | 北炭幌内炭鉱変電所>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |